Home > 畳の診断

畳の診断 

こちらでは畳の状態を年数、色などで診断を行います。ご自宅の畳を比べてみて参考にしてください。

健康診断 古くなった畳も手を入れてあげる事で、長く使えるようにする「畳のお医者さん」を目指しています。私が、京都で修行していた頃、50〜60年前に作られた畳をよくみました。古い畳も一帖一帖手を入れる事で長く使えるのです。

簡単なチェックをしてみませんか?

使用年数や使用頻度によるチェック、表面から見たチェック、畳の中身によるチェックと、3方向からチェックする診断テストを用意しました。
お宅の畳が気になったら、診断してみましょう!

■使用年数、使用頻度 によるチェックをする

畳の使用年数は、短いけど、この部屋はよく使っているから、畳が少し痛んできている。使用年数は、長いけど、ほとんど使わない部屋なので、見た目はきれいな状態であるなど、家によって、条件が違ってきます。簡単にチェックができますので、ちょっと診断してみませんか?

■表面 によるチェックをする

畳表面の色見本
色見本1
色見本1
色見本2
色見本2
色見本3
色見本3
色見本4
色見本4

畳の表面が傷んできているように思ったら、早めの対応をすると、畳が長く使えます。色によるチェックができますので、チェックもわかりやすいです。ちょっと試してみましょう!

■畳の中身(畳床) によるチェックをする

畳床が傷んでくると、畳が波打ったり、上を歩くと柔らかく感じたりします。ぜひ、早めのチェックをお勧めします。
畳が波うっている状態
畳が波うっている状態です



■診断の結果は、どうでしたか?
ご相談、お見積もりは、もちろん無料です。診断の結果、詳しく知りたいことがあれば、お気軽にお問い合わせください。
小西製畳株式会社
〒671-1213兵庫県姫路市勝原区宮田61-1
TEL:079-272-5311  FAX:079-272-5313
Copyright (C) 2002 Konishiseijyou Co Ltd All rights reserved